自動リライトツールによる作文

はじめに

文章書き換えツールとしての「半自動リライト方法」に出会う前に、私はこんな考えを持っていました。

  • 有料のリライトツールを購入するのはお金の無駄です。
  • また、有料・無料を問わず、自動リライトツールを使用することはSEO対策にも悪影響を及ぼします。

実際に、その通りです。なぜなら、一般的な自動書き換えツールでは、以下のような文章書き換えしかできないからです。

以下に、有名な自動リライトツールを列挙します。

  • MSR(メインサイトリライター)
  • MCS(ミリオンコンテンツシステム)
  • PSW2(パーフェクトサテライトライター2)
  • KIJIN(キジン)
  • Affili-Master(アフィリマスター)
  • 舞風(人工知能リライトツール)
  • 工房
  • リライトブレーン

リライト事例1

  • [リライト前]:SEO対策で上位表示をするためにはリライトが必須です。この記事では、おすすめのリライト方法とリライトツールを紹介しています。
  • [リライト後]:SEO対策で上位表示をするためにはリライトが不可欠です。このテキストでは、推奨のリライト手段と補正ツールを解説しています。

自動リライトツールに対する多声

この程度の文章しか書けないリライトツールにお金を払っているのなら、大損するのは目に見えています。

書き換え前と書き換え後の文章を比較すれば、これらの文章がほとんど同じであることは誰の目にも明らかです。検索エンジンはこれを見抜いて、あなたのサイトをスパム認定するでしょう。つまり、無料のリライトソフトであっても、リライトツールは使わない方が無難です。

自動リライトツールとしての「半自動リライト方式」を発見する前の私と同じ意見の人が、当時の私よりもさらに「偏った意見」を持っていて、ネット上で「同じように」主張している例はいくらでもあります。

  1. 書き換えツールは買うな! お金の無駄です。
  2. 私は、無料でも有料でも、市場に出回っている「あらゆる」リライトツールを試してきました。結果は、時間と労力とお金の無駄でした。リライトソフトは使わないようにしましょう。
  3. 最高のリライトツールを教えてあげます。あなたはアフィリエイトで稼げるようになりますよ?ほら、実際は稼げないでしょう?
  4. 他人の記事を自分の記事にリライトできる リライトツールは反則です。

1については、「ツール」は使い方次第で毒にも薬にもなると思います。一方で、有名なリライトツールはどれも「お値段以上」と思っています。

2については、「すべて」というのは傲慢です。当社の自動リライトツール「半自動リライト方法」を試してみて、感想を聞かせてほしいものです。

3についてですが、おそらくこの方は最高のリライトツールを知らないのではないでしょうか。例えば、当社の「半自動リライト法」で当社は利益を出していますし、当社のクライアントも利益を出しています。

4に関し、「他人の記事を自分の記事にしてしまう」という点は難しいところで、多くのWEBページは、既存の文章を書き換え・入れ替えして作った二次利用や三次利用の文章を集めたものです。内容にオリジナリティはほとんどありません。オリジナリティのない文章は著作権の対象外です。進め方にもよりますが、個人的には、書き換えた結果の質がオリジナルよりも良いのであれば、それだけで十分な価値があると思っています。もちろん、「リライト文章がその前後でほとんど変わっていない」は論外です。

そもそも自動リライトツールとは?

ここで一息つくために、自動リライトツールとは何かということを改めて紹介したいと思います。

自動リライトツールとは、既存の文章を書き換えることができるソフトウェアやツールのことです。例えば、以下のようなイメージです。

リライト事例2

  • [リライト前]:音楽を聴きながらお茶を飲むのは私の日課の一部です。
  • [リライト後]:音楽を聴きながらお茶を飲むことは私の日課です。

このようにリライトとは、文章の骨子を変えずに単語やフレーズを書き換えることであり、自動リライトツールとは、これを完全または半自動的に行うソフトウェアのことです。

自動リライトツールは、自分の文章だけでなく、他の人の文章にも適用できるので、例えば、他人が書いた名作を自分のオリジナル記事に書き換えることも理論的には可能です。

今のところ、それができる市販のリライトツールはありませんが、もしたくさん出回っていたら・・文章を書くのが苦手な人でも気にする必要はないでしょう。何も努力しなくても、他人の文章を借りてリライトすればいいのですから。

とはいえ、最初のうちは、例えばアフィリエイター等がお互いの記事を食い合う程度で済むかもしれませんが、将来的には「似たような記事」がネット上に氾濫して収集がつかなくなるかもしれません。

情報が氾濫して大変ですよね。ここに、当社の自動リライトツール「半自動リライト方法」の販売数量の上限を1,000個とし、販売価格を6万円とした理由があります。1つ目は、精密な文章の書き換えノウハウの過剰流通を防ぐためであり、2つ目は一定の参入障壁を作るためです。

自動リライトツールの使い道

ここでは、自動リライトツールのいくつかの使い方を考えてみましょう。

自動リライトツールを購入する人の多くは、副業として使うことを目的に購入しています。では、リライトツールをアフィリエイトなどのネットビジネスに応用して、本当に稼げるのでしょうか?リスクはあるのか?というテーマでお話したいと思います。

自動リライトツールを使ってアフィリエイトで稼げるか?

結論から言うと、一般的な市販の書き換えツールを使う場合、「稼げる」レベルに到達するにはかなりの工夫が必要です。

繰り返しになりますが、極端な話、自動リライトツールを使えば、他人の文章(ブログ記事など)をコピペして自分のサイトにアップロードすることができます。自分で文章を書く必要がないので、言われてみればアフィリエイトで効率よく稼ぐことができる・・・気がします。

プロセスはシンプルです。他人の記事をコピーして、コピーしたテキストをリライトツールに貼り付けて、ソフトにリライトをしてもらうだけです。

しかし、私たちはWEBビジネスの古参組ですが、一般的な市販のリライトツールを起点にしてアフィリエイトで大成功した人を見たことも聞いたこともありません。

そもそも「コピペ」して「ボタンをクリック」するだけで簡単に稼げるようになっていたら、わざわざ本を調べてブログ記事をまとめているアフィリエイターは絶滅危惧種になってしまいますが、そうはなっていません。

そうなのです。

冒頭のリライト事例1のように、無料のリライトツールや有料の商用リライトツールでは、単語やフレーズの入れ替えでしかリライトできず、リライトされた文章の質が低すぎて、アフィリエイトで稼ぎ続けることができません(できたとしても一時的なものに過ぎません)。

当然、検索エンジンはあなたのサイトを「コピーサイト」と低評価します。検索エンジンからのアクセスが期待できないのであれば、アフィリエイトでビジネスをすることはできません。

これに対して、当社の自動リライトツール「半自動リライト方法」で作成したリライト文章は、当社の検証実験では、検索エンジンからのインデックスが良好でした。これは、フリーソフトや汎用の文章書き換えツールとは異なり、文章を「大きく」書き換えることができ、文章全体の印象を変えることができるからです。

しかし、この「半自動リライト方法」は、著作権のあるオリジナルの文章を書き換えることを目的とした発想ではありません。自分の文章を修正し、普通の既存の文章を表現力のある価値ある文章に変えることを目的として考案した方法です。

汎用リライトツールの現実的な活用シーン

フリーソフトや有料の商用書き換えツールの話題に戻ります。

WEBビジネスには様々な場面があります。ブログ記事だけがアフィリエイトになる方法ではありません。フリーソフトや市販のリライトツールを使って利益を出したいのであれば、SNSを活用するのも一つの手かもしれません。

例えば、Twitterでトレンドワードを真似したリライト文書を作成して投稿したり、人気のある投稿を集めてボット用にリライトして投稿したりすることができます。ただし、ブログ記事の投稿とは違い、SNSでは炎上のリスクがあるので、プライベートアカウントの利用は避けた方が良いでしょう。複数のサブアカウントを作って、運用しながら利益を期待するのがいいでしょう。

・・・ただ、あまり儲からないと思います。

自動リライトツールで作るサテライトの可能性

サテライトサイトとは、メインサイトとは別に運営されているWEBサイトのことで、通常はメインサイトへのリンクを送る外部SEO目的に利用します。また、例えばGoogle AdSenseのような「放置型」の広告を利用して、「あわよくば」な利益を狙うこともあります。

サテライトサイトの作成・運営には、無料・有料のリライトツールがよく使われています。これは、メインサイトではないので、検索エンジンからコピーサイトと判断されてスパムと判断されるのは「仕方がない」「あまりダメージがない」という考えに基づいています。

しかしです。

もし、サテライトサイトが検索エンジンからスパム判断されてしまうと、メインのサイトがリンクの恩恵を受けられなくなり、サテライトサイト自体からの集客もできなくなってしまいます。つまり、サテライトサイトを運営する目的であっても一般的な自動リライトツールを使うのも良い戦略とは言えません。

一方、当社の自動リライトツール「半自動リライト方式」については、メインサイト更新、サテライトサイト運用ともに、実証実験自体は順調に進んでいます。

なぜでしょうか?

これは、リライト事例例3のように、フリーソフトや市販のリライトツールとは異なり、短い文章でも「大きく」「違う」印象にリライトできるからです。

リライト事例3

  • [リライト前]:音楽を聴きながらお茶を飲むのは私の日課の一部です。
  • [リライト後(汎用リライトツール)]:音楽を聴きながらお茶を飲むことは私の日課です。
  • [リライト後(半自動リライト方法)]:音楽を聴きながらお茶を飲むのが日課になっています。

自動リライトツールの好ましい使い方

以下は私見です。

私どもはココナラで自動リライトツールとして「半自動リライト方法」という商品を販売しています。一方で、この方法を著作権で保護された文章に適用するのは、良いことではないと考えています。

WEB上には、リライトできる文章がたくさんあります。それらを元に「大きな」リライトをして、表現力豊かで美しい日本語にしてみてください。

また、特殊なケースもあります。当社の自動リライトツール「半自動リライト方法」をご利用いただいているシナリオライターの方は、自分の書いた文章が大きく書き換えられていくのを見ることで、今まで気づかなかったことに気づくことができ、インスピレーションが湧いてくるそうです。

書籍執筆に利用している方もいます。シナリオライターと同じような使い方をしているそうです。

最後に商品PR

最後に、私どもは自動リライトツールとして「半自動リライト方法」を販売しながらも、さらにSEOの知識を取り入れた「SEOライティングの実学」という上位互換商品も販売しています。この商品も同様の使い方をしていただければと思います。

無料のリライトツールや汎用の市販のリライトツールは、ワード変換やスペルチェック、誤字脱字チェックなど、文章の校正には非常に役立ちますので、このような使い道が有益でしょう。使い方の一例として参考にしてみてください。

以下に、改めて汎用リライトツールを列挙します。

  • MSR(メインサイトリライター)
  • MCS(ミリオンコンテンツシステム)
  • PSW2(パーフェクトサテライトライター2)
  • KIJIN(キジン)
  • Affili-Master(アフィリマスター)
  • 舞風(人工知能リライトツール)
  • 工房
  • リライトブレーン

このWEBサイトでは、当社の自動リライトツール「半自動リライト方法」のリライトスキルをCopyContentDetecterで検証しています。無料と有料それぞれのおすすめ自動リライトツールとも比較するとどうでしょう?